社員インタビューInterview

飯田 直哉

デジタルマーケティング局 Web戦略部2013年入社

Q1三晃社、あるいは広告業界を目指したきっかけは?

昔から一つの夢に向かって突き進むタイプではなく、就きたい職業もコロコロ変わる中で、どうせなら様々な業界のことを知りたい、関わってみたいと思ったことから広告業界に興味を持ちました。最初から強く志望して三晃社を目指したわけではなかったのですが、選考が進み、三晃社が目指すビジョンや先輩方の姿に刺激を受けて、志望度が増していきました。

Q2現在の仕事内容を教えてください。

WEB広告に関する業務全般を扱っており、営業との打合せをもとにプランニング、出稿している案件の運用、媒体社と最新情報の共有、などを主に行っています。複数の案件を同時進行で行い、時には直接クライアントへプレゼン・レポーティングすることもありますが、周囲の協力を受けながら日々取り組んでいます。

Q3今まで一番印象に残っている出来事は?

WEB広告専門スタッフとして初めてクライアントへのレポーティングに同行したときが印象に残っています。上司が担当していたものを引き継いだ形なのですが、後任としてクライアントから信頼してもらえるのか、不安を抱えながら同行をしたのを覚えています。

Q4これから取り組んでみたい仕事は?

毎日のように新しいメディア・メニューが登場するWEB広告のより最先端を目指し、プランナーとして成長していきたいです。また、今後ますますデジタル領域が世の中に浸透していく中で、デジタル×看板、イベントといった新しい商品・サービスの開発に携われたらと思います。

Q5あなたが考える三晃社の強み・魅力は?

名古屋を地場とした歴史ある広告代理店として、数多くのクライアントに認知・信頼されていることがストロングポイントだと思います。私が担当しているWEB広告も中部エリアではまだまだ取り組まれているクライアントが少ない中で、プレゼンの機会を頂いたり、実際に出稿を任せていただけたりしているのも、これまでの三晃社の実績あってのことだと思います。

Q6休みの日は何をしてすごしていますか?

アクティブな休日に憧れますが、結構一日中スマートフォンで動画を見て過ごすことが多かったりします。ただ、こだわって何かをすることが好きなので、急に思い立ってDIYで家具を作る、食べたことの無い異国料理を一から作るなど、知っているけどやったこと無いことや買ったら手に入りそうなものにあえて自分でチャレンジしたりしています。

Q7当社あるいは広告業界を目指す方へメッセージをお願いします。

三晃社は総合広告代理店として、本当に多種多様なクライアントの課題解決に貢献できるようデジタル以外のソリューションも踏まえて取り組んでいます。正解というものが無い中で「もっとこうしたほうがいい」と最適解を一緒に探していくメンバーとして力を発揮していただければ嬉しいです。

西山 智香

クリエイティブ局 クリエイティブ部2012年入社

Q1三晃社、あるいは広告業界を目指したきっかけは?

大学時代の演劇経験からモノを作る楽しさを知り、自分でアイデア出し作る仕事に付きたいと思いました。
広告のコンセプトやコピーを考える作業は、日常で自分が感じた喜怒哀楽や発見が生きてくるので、毎日の生活全てが仕事につながっている気がして面白さを感じます。

Q2現在の仕事内容を教えてください。

TVCM、ポスター、商品パッケージなどを作っています。
流れとしては、クライアントに課題をヒアリング→課題解決のためのアイデアを考える→制作のためのスケジュールを立てる→制作→完成という感じです。
「調味料」「国際交流」「お菓子」など、その時々でお題が変わるので、飽きることなく取り組んでいます。

Q3今まで一番印象に残っている出来事は?

自分のアイデアで制作した話ではなく、クリエイティブ局に異動してすぐにCMに出演した話なのですが・・・
オーディションでギターを弾く女性の役が見つからず、私が練習して出ることになりました。素人の私で大丈夫かと不安でしたが、クリエイティブディレクター、監督、カメラマン、スタイリストなど、大勢のプロの力が集結して良いモノに仕上がっていく凄さ、みんなで作っていく楽しさを感じた出来事でした。

Q4これから取り組んでみたい仕事は?

すでにあるものの広告を作るだけでなく、社会に必要とされているもの、喜ばれるものを考えて、クライアントと協力して商品を開発するところからやってみたいです。そう依頼されるくらい信頼を得たいと思います。
広告の仕事はどんどん変化していますが、「どんなコンセプトやコピーが人の心を動かすかを考える」という仕事の本質は変わらないと思うので、何に取り組むにしても大切にしたいです。

Q5あなたが考える三晃社の強み・魅力は?

ひとつの仕事の始めから終わりまで、一貫して関われることです。
クリエイティブ局に関して言えば、大人数の会社では、コピーを考える人・CMプランを考える人・グラフィックを考える人と、分業をすることも多いかと思いますが、三晃社ではコンセプトを考えるところから、広告の完成までしっかり携われます。

Q6休みの日は何をしてすごしていますか?

先輩やデザイナーさんの勧めで、たまにですが美術館に行くようにしています。(美大を出ているわけではないので、何か少しでも吸収できればと)
また、携わっている商品について世の中の声をできるだけ知りたいので、休日に会う知人にもそれとなく話を聞いたりしています。

Q7当社あるいは広告業界を目指す方へメッセージをお願いします。

私自身が仕事で1番楽しい瞬間は、TVCMの案出しをして自分の案が褒められたり、先輩方の「そんな手もあるのか!」という面白い案をみるときなので、そんなことを一緒に楽しめる方に目指してもらえたらと思います。
日々の業務に追われると忘れがちになるので、かなり自戒の念を込めてですが、「自ら仕事を面白くしていこう」という意気込みで一緒に仕事ができると嬉しいです。

田中 大介

広島支社 クリエイティブ部2005年入社

Q1三晃社、あるいは広告業界を目指したきっかけは?

昔、BSで放送していた「デジスタ」という、映像やインスタレーションなどの作品を募集し紹介する番組があり、好きでよく観ていたのですが、それで映像に興味が湧き、CMを作ってみたいと思うようになりました。それと、音楽が大好きでCDジャケットに自然と興味が湧き、グラフィックデザインを勉強するため、専門学校に入ったのがきっかけです。

Q2現在の仕事内容を教えてください。

広島支社のクリエイティブ部で、企画の提案や、CMやWEBや印刷物など広告全般のディレクション、デザインをしています。

Q3今まで一番印象に残っている出来事は?

CMの撮影(屋外)で8月ロケの予定が雨天で4回も延期になり、10月にずれ込んでしまったこと。撮れた映像も、雲や緑が少し秋模様になってしまい、編集も大変でした。本当にあの時は、自分の雨男ぶりを恨みました。

Q4これから取り組んでみたい仕事は?

デジタル時代に対応した仕事。
WEBだけにとらわれず、先見の明を持った新たな業務に取り組みたいです。

Q5あなたが考える三晃社の強み・魅力は?

広島支社は少数先鋭でチーム力の高いところが強みです。上司・部下関係なく、意見を言い合えるフラットな関係性が魅力であり、良いアイデアの生まれる基本だと思います。

Q6休みの日は何をしてすごしていますか?

クリエイティブ部はデスクワークが多く、運動不足になりがちなので(入社して最高で20kg太った時があります)、体力作りとダイエットを兼ねて、朝ランをしています。そして昼から大好きなお酒をたくさん飲みます。

Q7当社あるいは広告業界を目指す方へメッセージをお願いします。

何かひとつでも、徹底的に追求できる趣味があると良いと思います。
それは、広告を作るうえで、商品の特性をいろんな面から理解する力にもつながりますし、またプレゼンする力にもつながります。
スポーツでも、音楽でも、アニメでも、何でも良いので、こだわれる趣味を見つけてください。いつか必ず役に立つ時がきます。