アイデンティティ

トップメッセージ

取締役会長 川村悌式

取締役社長 川村晃司

三晃社は1944年の創設以来、一貫して名古屋および中部地域の繁盛支援業に努めて参りました。その間、IT技術の進化に伴う社内設備の整備や、新しいコミュニケーション領域への挑戦、そして展開エリアの拡大など、時代の流れと共に三晃社も日々成長を続けてきました。

"三晃社"の社名は、毛利元就の故事「三本の矢」に因んで"協力一致"の精神を基に冠せられました。時代は変われども、その想いは今も変わることなく引き継がれております。長い歴史のある我が社ではありますが、これまでの功績に満足することなく、歩んできた道を考察と共に振り返りながら、新しい事にも積極的にチャレンジしていきます。

2006年に株式会社グレイワールドワイドとの業務提携を行い、SankoGREYの立ち上げと共に、新規事業の開発とグローバルを視野に入れた活動も進めてきました。

様々な技術革新により、広告の形も日々変化を遂げてきていますが、我々三晃社もWebをはじめとする新しいメディアツールの展開、名古屋おもてなし武将隊に代表される地域活性や観光都市推進を目指したコンテンツ開発へも精力的に取り組んでいます。

地域密着型の老舗広告会社としての知見とネットワークを基盤にしつつ、同時に広告業界に新しい風を吹き込みながら、お得意さまのさらなる繁栄に貢献していきます。

 

ページトップへ