三晃社が一部出資する映画「COCO CHANEL & IGOR STRAVINSKY(原題)」が第62回カンヌ国際映画祭クロージング作品に決定

三晃社が一部出資する映画「COCO CHANEL & IGOR STRAVINSKY(原題)」が第62回カンヌ国際映画祭クロージング作品に決定

株式会社三晃社(本社・名古屋市中区、代表取締役社長・松波頼明)が一部出資する株式会社ヘキサゴン・ピクチャーズ配給作品「COCO CHANEL & IGOR STRAVINSKY(原題)」が、第62回カンヌ国際映画祭(5月13日~24日)のクロージング作品に決定いたしましたのでお知らせします。

カンヌ国際映画祭は、ベルリン国際映画祭、ベネチア国際映画祭と並び世界三大国際映画祭の一つと言われ、本映画祭のクロージング作品に選ばれましたことは大変名誉なことと受け止めております。

本作品は今年のクリスマスシーズンにフランスで公開され、日本では2010年陽春公開を予定しています。

 

尚、三晃社が映画事業に出資するのは今回が初めてとなります。

 

■この件に関するお問い合わせは下記にお願いいたします。

株式会社三晃社

マーケティングコンサル局 担当:宇佐見  TEL 052-961-2223

経営管理局  担当:雑賀(サイガ) TEL 052-961-2226

 

<ご参考>

■  第62回カンヌ国際映画祭オープニング・クロージング作品

【オープニング作品】

『カールじいさんの空飛ぶ家』

監督:ピート・ドクター

【クロージング作品】

『COCO CHANEL & IGOR STRAVINSKY(原題)』

監督:ヤン・クーネン

脚本:原作「COCO&IGOR」著者クリス・グリーンハル

キャスト:アナ・ムグラリス、マッツ・ミケルセン



トップページへ戻る

ページトップへ