SankoGREY

三晃グレイブランディング

社会の必然が偶然の出会いを生んだ。

三晃グレイの発生は正にそのようなものでした。グレイ、三晃社、両社長が出会った2006年の前年は、2005年に中部地区は国際空港を開港し、また愛・地球博の開催を無事終えた年です。

充分なるインフラ整備をおえ、次代にそなえる企業の戦略、戦術が求められた2006年。今後、この地区の広告会社とはどうあるべきか?

この2006年初頭に、その時両社トップの思いが合致したのです。 両社は広告会社として大きな能力を持つことになりました。

・世界レベルのブランディング、クリエイティブ能力と全世界ネットワーク
・中部地区に本社を持ち世界に発信、発展を目指す企業との深い人脈
・半世紀以上の歴史を持つエリアマーケティング

2006年9月25日共同企業体組織で業務を推進してことで三晃グレイはスタートいたしました。

SankoGREY WEBサイトへ

Brand SankoGREYの提供価値 論理的な説得力と魅力的な表現

魅力ある真実に裏付けられたプロミスと戦略的なブランド体系を構築する。

その実装は、卓越したブランディングとクリエイティビティ。東海地区で新たなビジネス機会を創出する。
ブランディングマーケティングのアクションをシンクロさせ、グレイのアジア戦略やグローバル戦略で、様々な視野から総合的なサービスを提供する。

Touch the heart SankoGREYの隗 ブランドは消費者の心の中にある

現代マーケティングでは細分化された市場が更に砕分化し、中核とする提供機能に忠実なことが企業に求められている。
ブランドは固定化、耐久性、そして製品機能に根差していたものが、首尾一貫性、顧客との関係性を維持しながら、柔軟に対応するように変貌している。変化だけが定数の時代、未来に残る強さを身につけなければならない。

ブランドは真似されないが、商品は類似品がすぐ出回る。

Peaple 3.0 SankoGREYの志 人はもっと自分を知る驚きを楽しみだす

どれほどイノベーションが進んでも、ヒトが最も効果的なメディア。
消費者がブランドに触れるすべてのシーンは提供価値の首尾一貫性を問われる。
消費者を魅了するプロミスの提供者であるヒトは、責任ある利害関係者としての行動・発言が求められる。

自分の体験を互いに共有化し、結果としてブランドは 対話を通じてより明確になる。

Emotional bonded SankoGREYの絆 体験の提供と対話の解説は緊急課題

テクノロジーの進化によるWEB2.0は、よりインスピレーションに根差し感情に動かされる、体験ベースのブランドへの移行を生み出した。
楽しい体験、マイストーリー、マイブランドを仲間と共有してはじめて、満足体験を感じるため、よりエモーショナルな絆が必要とされる。

ブランドを体験し、ブランドと嬉しい関係を築く。

質の高い東海地区のB2B企業が多く、官僚的特質とは対極にあるからこそ名古屋は熱く、三晃グレイは時代の必然だと我々は感じている。

ページトップへ